オークション戦スタート…ッ!

ついにオークションのバトルが始まりました。
和修政の思惑は…?そして六月はどうなるのか…?

さらにはクインクスたちは
無事に戦場をあとにすることができるのでしょうか?

このあたりが気になるところですね。
今回は複数のバトルが展開し始めたので
そのあたりを中心に考察していきたいと思います。

 

あとは、
なぜウタが作戦のことを知っていたのか?
についても考察していきます。

 

【お知らせ】
「:re」のモデルとなったカフェ行ってきました。コチラから読めます。
カフェ「:re」のモデルとなった「MUSEUM」さんに行って来た

前回の18話はこちらからどうぞ。
東京喰種:re18話のネタバレ

 

<スポンサーリンク>


19話の感想と考察

◆和修政の思惑…とは?
和修政の思惑は、特等になることでした。

作戦の最優先事項は「人命」ではあるものの、
本音ではビッグマダムを掃討することしか考えていません。

 

このことから政は徹底的に合理的で、
なおかつ利己主義な人間であることが考えられますね。

感情的な会話を嫌って、自分の利益になることだけに興味を持つ。
だからこそ、ジューゾーのことは評価し、琲世は政に苦手意識を持っているのかもしれないですね。

 

作戦自体はかなり冷静に設計されていると伺えるので
基本的には“喰種”サイドが不利な戦いになる気がします

 

◆アヤトvs.ジューゾー 始まる…!
そして新しいバトルが勃発です。
アヤトとジューゾーが勝負します。

アヤトの父はアラタですけど、
パッと見た感じ、オニヤマダみたいな風貌していますね。
なんか関係あるんですかね。このあたりも今後、注目です。
ジューゾーは直前にビッグマダムを見つけて「マ」と言いますが
「ママのマ」なのか「ビッグマダムのマ」なのか。

言葉が「マ」だけなので、まず間違いなく「ママのマ」だと思います。
となると、ジューゾーの中にはまだ鈴屋玲だった頃の記憶がしっかりと残っているように思います。

ビッグマダムを見つけたことで、アヤトに不意打ちをくらいかけたため、
一瞬、精神的な油断、もしくは、動揺があったと見受けられます。

 

アヤトに対してはジューゾーのクインケ「サソリ」では役不足のようで
半兵衛の持ってくる「ジェイソン」待ちということになります。

「ジェイソン」がやって来た後、ジューゾーとアヤトのバトルは
どのように集結するのでしょうか?

個人的にはニシキとアヤトは最後に絶対やられるという設定な気がしているので
今回はジューゾーに勝利の女神が微笑むような気がしますが…(笑)

果たしてどうなるでしょうか?楽しみです。

 

◆ナキと初登場・ミザって?
アヤトがビッグマダムの護衛をしてジューゾーと戦っているとき、
ナキとミザは退路を見いだすために、一点集中で突破を図ります。

初登場のミザはSレートでした。多分、女性・・・です。

 

ナキはミザや手下をおきざりに恐慌突破をするあたりから考えると
ナキとミザの関係では、ナキに主導権があるようです。
ミザは少し、いじられキャラなのかもしれませんね^^;w

 

ナキのところには真戸暁が救援にいくようで、
嘉納医師の地下施設でのバトル以来の再戦となりそうです。
あの時には足の肉を食われるという負傷をしたアキラですが
今度は得意のキメラクインケによって一矢報いることができるのでしょうか?

そのあたりも注目ですね。

 

◆六月とウタとカナエくん

そして六月は会場が騒然となる中、ナッツクラッカーから逃げ、
ウタに言われた言葉を思い出します。

その言葉とは
「作戦は失敗だよ 助けは来ない」
というもの。

 

なぜ、作戦があることはバレていたのか?
だれが、バラしたのか?

六月の中で一定の解が出たと思ったと同時に、
カナエくんが六月を捕獲にやってきます。

 

ビッグマダムに競り負けたものの、今度は強引に
六月を捕獲して月山に献上しようという作戦w

はたして六月はクインクスに再会することなく
失意の月山習、久しぶりの食事と相成ってしまうのか?

 

個人的には一旦、捕獲されて、
来たるべき「琲世(カネキ)と月山さんの再会」を
盛り上げるためのspice(スパイス)とされてしまう気がしますが…果たして?

 

◆ウタ(ピエロ)はなぜ作戦を知っていた?
さて、今回最も気になったのは

「なぜウタ(ピエロ)が作戦を知っていたのか?」
「誰が情報をリークしたのか?」

 

ということでしょう。

確かに、ニコとロマがクラブにいた時に
琲世や六月の行動をチェックしていましたが
それでも作戦を起こしているということまで理解することはできないのではないでしょうか?

 

1つ、可能性として挙げられるのは
「作戦本部、もしくは末端のCCG職員に情報をリークする者がいた」ということです。

 

おそらくは、こちらの後者が正しい推理かと思いますね。
でなければ、六月も違和感を感じないでしょうし。

 

ここで今回最大の爆弾発言を残したいと思います。

将来的なネタバレになりうる可能性があるので
ネタバレがイヤな方は、読まないで下さいね。

 

 

今回、ピエロに情報を漏らした犯人と考えられる人物は…

 

 

 

 

米林才子 ではないかと考えます。

 

理由は
「才子がピエロのメンバーではないか?」と予想されるからです。

 

こう判断する理由は、コチラの記事に情報提供してくださった
匿名さんからの情報によります。

東京喰種:re ピエロ集団はなぜ存在?
 (才子がピエロではないか?についてコメント欄に記載があります)

 

たしかに匿名さんの情報から判断すると
「才子よ、化け物よ、もしくはピエロよ」
という表現があるので

ほぼほぼピエロ集団に属していると考えて良さそうです。

 

更に言うと、今回の19話で
才子がオークション掃討戦に向かう中で
「ご無事でな むっちゃんこ…… (才子は役に立たんが)」と言っています。

 

この(才子は役に立たんが)
より才子をピエロらしくしているようにも思います。

 

つまり、才子はもともとピエロであり、グール側であり、
“喰種”を掃討する作戦に手を出すわけにはいかないと、自分のなかで決めている。

だからこそ、
(才子は役に立たんが)と言ったり、
これまで訓練をしっかりやらなかったり
そういうテキトーな態度を敢えて取り続けてきたのではないでしょうか?

 

そう考えると、才子が部屋に引きこもっていたのも
クインクスの情報をピエロに提供していたからとも考えられますし
一本の筋が見えてきそうな気がします。

 

果たして、才子は“喰種”サイドの人物なのでしょうか?
六月の推理の続きと、真相が気になります…!

 

感想と考察まとめ

今回もテンポの良い戦闘が進んで嬉しかったですね。

和修政という、物語をかき回すキャラクターが登場したことで
今後、東京喰種:reがどんどん展開をしていきそうな期待を持てる回でした。

 

やはり最大の焦点は
「誰がピエロと繋がっているのか?」ということですが
私の方では、頂いた情報が正しいのではないかな?と思っています。

 

次週は六月がさらわれ、
ジューゾーがジェイソンをゲットしてアヤトを撃墜する回になるのでは?

楽しみに待っていましょう。^^

 

20話の感想と考察についてはコチラです。

20話の感想と考察のページへ

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク