東京喰種:reの13話!休載挟んで。

一週間経ちました、やっと体内に“喰種”補給できます。笑

今回はクインクスたちの女装もありますし
懐かしの“あの人”も登場で盛り上がります。

個人的にはアフロヘアの姐さんが好きなので
そのあたりを中心に考察していきたいなと思います。

 

東京喰種:re 12話はこちらからどうぞ。
東京喰種:re12話のネタバレ

<スポンサーリンク>


東京喰種:re 13話

◆クインクスが女装
クインクスが女装しました。個人的な感想としては

琲世 ⇒△ 良いけど…身長高いですw
シラズ⇒× キャラ的に×にされていますねw
六月 ⇒○ 不覚にも可愛いと思ってしまったですw 唇がプクッとすると可愛く見えますね。笑

という感じです。

 

シラズはネタキャラなので置いておいて、やはり気になったのは
六月くんが女性の格好をして大丈夫なのか?ということです。

結論からすると大丈夫でしたね。
精神分裂するんじゃないかと心配していましたけど
意外に冷静に、そして酒を飲んで豪快になっている姿は好印象でした。
いつもこれくらい勢いがあった方がいいんじゃないかなーと思ったり。笑

 

六月くんの強引なコミュニケーションで
ナッツクラッカーとの接触は成功。
バイトにも連れて行ってもらえることになりましたね^^
このあたりはご愛嬌というか、最近のコミカルな東京喰種:re
だからこそ許される展開なのかな?と思ったり。

 

六月くんは性同一性障害か?という予想もあったみたいですが
男性からの視線がイヤみたいですね。

やはり、小さい頃から父親に性的なイタズラをされてきた
という説が強いんじゃないかな?と思うんですけど、どうなんでしょう。

 

◆才子に兄がいると判明…!
今回、才子の出生が判明しましたね。
一番驚きだったのは、才子に兄がいるということでした。

 

二人とも経済なんからCCGアカデミージュニアスクールに入学します。
CCGアカデミーは学費が安い代わりに、“喰種”退治に身を捧げることを
生徒たちに求めているんでしょう。

 

才子と顔つきは似ていますが
これまでに米林という捜査官は出てきていないので
兄は捜査官にはなっていないんですかね。
それとも既に高官になっており現場には出ていないとかでしょうか?
年齢はそこまで離れていないハズなのでそれは無いですよね。

そう考えると兄は現場で殉職、もしくはアカデミー卒業後に
一般就職の道を選んだと考えられますが…今のところは分かりません。

才子についてはゲームとか
日常の表面的な娯楽に逃げている感じがしますし
多分、過去に思い出したくない何かがあるのでは?と思います。

 

才子が目的を持ってクインクスとして戦う時は
過去と向き合って成長した時だろうなと思います。

 

琲世は消滅する…?
また、シラズと琲世の会話で
琲世の『過去の記憶』について話されます。

「記憶が戻ったらどうする?」とシラズが聴くと
琲世は捜査官は辞めないと答えますが…
「記憶が戻ったら僕は死んでしまうかも」と直感します。

琲世は結局のところ、自分の居場所なんか感じれていないのかも知れません。
いつどこで自分が消滅するかも分からないまま、今その瞬間を生きている。
居場所を作るために必死に生きている。そんな琲世が悲しくて、応援したくなります。

 

さらに次のページでは“あの人たち”が!

 

◆ついに出た!ピエロ集団のニコとロマ

クラブで潜入捜査をする琲世たちを見ていたのは
…なんとニコロマでした。・・・ね、姐さん!

東京喰種の最終巻・14巻でピエロと判明したロマには
吐き気を催しましたが、のこのこと出てきました。苦笑

 

ロマは琲世(カネキ)を自分のものだと思っていて
もっと悲劇的なカネキを見たいと望みます。

「ハイセが死ねば良いんスかねえ?」
どす黒い表情で思いつきます。

次回のオークションで何かしでかしそうな雰囲気ですが…
六月とハイセたちは大丈夫なのか、心配になります。

 

ロマは東京喰種の後半であんていくに入店してきて
最終巻でピエロ集団だということが判明して
いきなり「こいつ何者?」感が大きくなって大物キャラになってきましたね。

 

一旦ロマの情報を整理しておくと
・最後期のあんていくメンバー(だった)
・ピエロ集団の人
という情報くらいしかありません。
今後どう物語に関わってくるか楽しみですね。

またロマについての伏線情報で面白い情報が手に入ったので
こちらについては別記事でまとめたいと思います。

考察記事:ロマがノロ?

 

…個人的にはニコ姐さんは憎めないので
ニコ姐さんが元気そうにしてくれていたら、それでオッケーです。笑

アフロヘアーがやけに似合います。笑
80年代のディスコとかにいそうな感じです。
姐さんは普段からこのヘアスタイルで生きているのか?が気になりますw

 

◆第三の和修、再び…!
最後のページでは
以前出てきた『第三の和修さん』こと和修政(まつり)が再び登場です。

階級は准特等捜査官ですが
琲世とジューゾーを呼び出していることから
13区所属ではないか?と考えられます。

 

おそらくはナッツクラッカーの
捜査についての捜査方針などについての
擦り合わせをしていくのでしょう。

 

気になるのは和修政と他の和修との関係ですね。
他にも和修一族には総議長と局長がいますが
局長の息子とかですかね?

局長が多分40代で
政は29歳なので年齢的にはいけると思いますが。

29歳とは思えない風格ですけども。笑
琲世も冷や汗をかいていることから
“タダ者じゃない感”が伝わってきます。

 

13話はこれからのバトルの布石と言った感じでしょうか。
クインクス、ナッツクラッカー、ピエロ、和修(CCG)…
それぞれが交錯するなかで大規模なオークションが行なわれ
たくさんの血が流れることが予想されます。

 

次に起きる悲劇はどんな味なんでしょうか…?

 

そして思ったんですけど
東京喰種:reは作風がポップなだけに
一度悲劇が起きた時の読者の精神的落胆が大きいなと思います。笑

悲劇の連続の東京喰種もメンタル的にきましたが
喜劇⇒悲劇の落胆が用意されている気がしてならないです…

どうやって東京喰種:reがオチるのか、楽しみですね。
個人的には琲世の消滅の話が出てきたので
そこまで長期化するストーリーではないと思うのですが、果たして?

 

次回も楽しみにしていたいなと思います。

 

※ちなみに
最近ヤンジャンの一番後ろのページで
石田スイ先生がアシスタント募集されています。
マンガ、番外編、そしてアニメとかなりご多忙かと思いますので
どなたか絵心がある方、応募されてみてはいかがでしょうか。

当方は募集をしていることしか理解できなかったので、不参加ですw

在宅勤務も可能みたいですよ。
…って漫画家のアシスタントも在宅勤務の時代が来ましたか。
スゴい時代になりましたな。

 

14話についてはコチラからご覧頂けます。

14話の感想・考察記事はコチラをクリック

 

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク