東京喰種:reの11話(ネタバレ含む)

東京喰種:re 10話(ネタバレあり)はこちらからどうぞ。

東京喰種:re10話のネタバレ

 

東京喰種:reの10話では才子ちゃんが出てきましたね。
ポニョ説が出ていますが、実際はどうなんでしょう?

 

クインクスにいるくらいなのであまり女子力は高くないと思いますが(笑)
それでもちょっと女子力期待したくなっちゃいますね。(笑)

11話では琲世とジューゾーが話したりと
これまでになかった展開になっていきます♪

 

ということで東京喰種:reの11話について
ネタバレ考察していきたいと思います。

<スポンサーリンク>


東京喰種:re11話(ネタバレありで)

◆扉絵がクリスマス仕様…!
まずはヤンジャンに載っている扉絵がクリスマス仕様で素敵ですね。

六月と平子丈さんがキッチンに。
サンタハットをかぶった琲世と武臣に癒されます。(笑)

 

シラズと伊東一等たちがカードで遊んでいたりする中で
瓜江は熱心に有馬貴将の話を聞いています。
瓜江はやはりS3班に行くという目的のために生きている
という感じが強く感じられる一枚となっています。

 

そして累計1000万部を突破とのこと…!
ファンとしては嬉しいような、寂しいような複雑な気持ちです。
関連書籍もかなり増えてきて、
zakkiや小説版、JACK、JOKERなどの番外編も多数あります。

 

コラボもかなり増えているみたいで
バイト情報のanとコラボしたり、ニコニコともコラボしてたり。
以前は山手線とコラボしたりもしていましたが
東京喰種は物語が面白いので、こういった露出は正解だと思います。

 

どんどん新規ファンが増えてくれると嬉しいですね。

 

そして東京喰種√Aも1月8日からスタートするようです。
こちらもオリジナルストーリーになるみたいで楽しみですね!

個人的にはちょっと前のヤンジャンの告知に載っていた
「悲劇、2周目。」というキャッチコピーが秀逸すぎて
カネキの悲劇を期待してしまっています。(笑)

 

では前置きが長くなりましたが
11話について入っていきましょう。

 

◆捜査状況報告とモゾモゾするジューゾー
ナッツクラッカーについて聴く琲世たち。
そこにはジューゾーとシラズ、才子の姿はなく。

 

一番最初にやってきたのは…ジューゾー!

 

読み切りの東京喰種JOKERでは主人公をしていて
阿原とともに捜査していましたけど
こうやって東京喰種:reで本編復帰したジューゾーを見ると
やっと一安心できました。お帰り、ジューゾー。

黒髪になってますが、もちろん「13」のヘアピンは健在です。

 

そして琲世の股間…ではなくてポケットをまさぐるジューゾー。
お菓子をもらって喜んでいるところは、子供っぽくて可愛いですね。

 

篠原さんの一件を忘れたわけではないでしょうから
つとめて明るくしているのかもしれませんね…
今ジューゾーが何を思って戦っているのか、気になります。

 

そこにシラズたちもやってきて捜査状況が共有されます。

 

ちなみに才子は
シラズにおぶられてやって来ますが
“のび太くんがメガネを外したときの目”
になっています。

 

じょ、女子力ねー!なさすぎです!w

 

東京喰種:reでは新ヒロインは出てくることなく
トーカとヒナミがヒロイン続行という感じでしょうか…。

 

マダムを彷彿させるナッツクラッカー…!
ナッツクラッカーはA(〜)レートになっているみたいで
補食しない場合はマダムたちに人材斡旋をしているとのこと。

 

ジューゾーはマダムによって睾丸を破壊されていますし
そのジューゾーがナッツクラッカーを捜査するのは
ちょっと気になりますね…!

 

顔割れしているので、そこまで重要なキャラじゃないというか
物語を繋ぐためのキャラなのかなーと思います。

 

◆新しい和修一族登場…!
そして新しい和修一族が出てきました。
名前などは分かっていませんが

・和修という名字をしていること
・准特等であること
・コワモテであること
・インテリヤ○ザっぽいこと

などが特徴として挙げられます。

なんと、和修一族に新キャラクターが出てきました。
これは和修局長と同族で、次の総議長の座を狙った抗争が起きていそうですね。
個人的には東京喰種:reではCCGサイドを詳しく描くことで
東京喰種では明かされなかったCCGの内部や闇について
メスを当てていく描き方になるのではないかな?と思っています。

 

スフィンクス社との喰種にまつわる関係や
そこで動く莫大なお金についてのやり取りなんかが
今後描かれると思うんですが

 

新しい和修一族が出てきたことによって
ますます内部勢力抗争が詳しく見れそうで楽しみですね。

 

◆ナッツクラッカーにバレた
すでにクインクスはカフェでナッツクラッカーに
捜査がバレてしまいました。(笑)

 

シラズは才子の世話で寝不足、コンディション不良です。
耳赫子の能力も体調やコンディションによって
その能力発揮に差が出ることが判明しました。

 

そういう意味では才子は寝まくっているので
耳赫子の調子はいつも良さそうですけど。(笑)

 

ナッツクラッカーとその連れの男には
面割れしてしまったので、バトルが近いでしょうね。

 

ナッツクラッカーがマダムと繋がっていることで
次の展開が更に加速してきそうです。

 

マダムは東京喰種では
美食を追究するために喰種レストランに所属していたり
嘉納医師と繋がっていたりしたので

ナッツクラッカーがマダムに人材斡旋をするのは
2つの理由が考えられます。

・美食の対象とする
・さらにマダムが斡旋して嘉納医師の研究対象とする

 

睾丸がうまくなさそうな人材であれば
美食対象としても斡旋するでしょう。

 

嘉納医師には亜門や滝澤などの
優秀なCCG職員がいるので
喰種の実験材料としては必要ないかなと思いますが

 

一般人の喰種化研究も進めている
という事なのかもしれません。

 

◆フレーム解放を要求する瓜江

そして次に出てきたのが
瓜江が琲世に赫包の「F(フレーム)解放」を要求しました。

 

琲世はこれをよしとせず、返事は保留します。
琲世自身が不可抗力で“喰種”となってしまったために
瓜江がいくら自分から望んでいるとはいえ、
クインクスが“喰種”に近づく行為はあまり気分がよいものではないでしょう。

 

「まずは他の方法で強くなることを探って欲しい」と伝える琲世ですが
なぜが瓜江はあまり反論することもなく引き下がります。

 

これは何でなんでしょうか?
瓜江には次なる秘策があるのかもしれません。

 

◆新年一発目は月山スペシャルな予感…!
そして最後のページには、お待ちかね、
月山習さんの姿が!

 

月山家 使用人の
カナエ=フォン・ロゼヴァルト(18)も登場です。

 

なぜか琲世の[Energyパンツ]を返却するカナエくん。
月山さんならもっとクンクンしそうですが…?

 

月山さんは最後の1ページで[Energyパンツ]を手にとり

「叶… “これ”は…?」と答えています。

 

東京喰種14巻でカネキを喰えないまま
放心状態となった月山さんを思い出すような
精気のない姿です。

 

叶くんが「答えるまでもない……」
と言っているのは

 

・答えるまでもなく元気になった
・答えるまでもなくニセモノだった

 

このどちらでしょうか?
月山さんの反応からするとあまり良いリアクションとは思えませんが

 

一方で
新年一発目のヤンジャンは東京喰種:reが巻頭カラーなので
月山スペシャルになる予感がプンプンするんですけれども…!

 

新年は1月8日にヤンジャン発売で
東京喰種:reが巻頭カラーで
さらにアニメ2期のスタート日も一緒です!

 

今から楽しみで仕方ないですね…!
√Aについては最新情報が入り次第更新していきます♪

 

12話についてはこちらです。

東京喰種:reの12話

 

 

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク