クインケとは?【東京喰種】

CCGの代名詞とも言えるクインケ。
特等クラスが新しいクインケを持ってくると
読者としてもワクワクしてしまいます。

もともとの素材が“喰種”であるということからも
きっと一本一本のクインケにストーリーが込められていて
それを妄想するのが楽しいんだろうなー、なんて思います。

 

今回はそんなクインケについてです。

 

クインケとは東京喰種に出てくる捜査員、
CCGのメンバーが対“喰種”で使用する武器のことです。

“喰種”には最も効果的とされている武器で
敵である“喰種”の赫子を利用した武器である。

 

和修常吉 総議長の父親である
和修吉雨 前総議長が
ドイツ局長のアダム・ゲッヘナーと共同開発したのがはじまり。

前総議長…って、親子3代で世襲ですか。
「それ、組織としてはかなりアブなくないですか?」と
クインケほったらかしで心配になってしまいます。

 

クインケの弱点は
赫子のようには形態変化ができないこと。

これをカバーするために
ギミックを凝らしたクインケも製造されるが
こちらには高い設計能力と制作技術が必要とされるため
なかなか実用されていない。

 

ちなみに真戸暁は
鱗赫と甲赫を組み合わせた“キメラクインケ”と呼ばれる
クインケを所持しており、こちらの製造はさらに難易度が高い。

 

このあたりの実用化よりも先に、
クインクスが発明されちゃったという感じでしょうか。

赫子を組み合わせる事は大変でも
人体に埋め込むことなら簡単に出来ちゃった、と。

そう考えるとクインクスの研究は
キメラクインケの実用化研究よりも
もっと前からされてきたのかもしれません。

 

東京喰種:reに出てくるクインクスは
クインケの形状変化できないという弱点をカバーしている
ということから赫子として形状変化ができると想定されている。

さらに“喰種”のように高い身体能力や
回復能力を持っています。

 

クインクスについては次のページに書いています。

続きを読む

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク