東京喰種:reで滝澤政道はどうなる?

今回は政道の正体についてです。

 

政道は死んだという風に
東京喰種最終巻で記載されていますが

遺書から死んでいないということが
読み取ることができます。

 

これはどういう事でしょうか?
詳しく解説していきたいと思います。

最後までお楽しみください^^

 

 

【追記 2015/3】

滝澤政道について、東京喰種:reの20話で追加情報が出ました。

政道、“喰種”化確定です!

詳しくはコチラへ ⇒ 東京喰種:re20話の感想と考察

 

死んだはずの滝澤さん

滝澤政道は亜門を助けるようとして
銃型のクインケ(もしくはQバレット)を使ってすぐに

タタラがノロに滝澤を投げ渡し
片腕切断になるという悲劇に見舞われました。

 

そしてさらには
CCGによる報告書では
亜門と滝澤は死亡という扱いになっています。

この時点では死んだはずだったのですが…
スゴく気になる点があります。

滝澤の遺書がおかしい

実は13巻の途中に
滝澤の遺書が残されています。

というのもCCGは戦闘前に
必ず遺書を用意するようになっているんですね。

 

そのなかで滝澤政道は
「死にたくない」と大きく書いていますが

遺書の中のセリフ全てで
「し」と言う文字が全て欠けています。

「し」がない=死がない ⇒ 死なない

ということになります。

 

他の文字はキレイに書かれているのに
作者の石田スイ先生はキレイに「し」だけを消していますね。。。

滝澤が遺書を書いたのは
東京喰種123話「銃後(じゅうご)」です。

 

ここまでのメッセージをまとめると
「銃を撃った後、死なない」
というメッセージになります。

偶然にしては出来過ぎじゃないですか?

滝澤は死んでいないでしょう。私はそう思います。

銃後⇒15のタロットの意味は?

ちなみに滝澤は遺書を書いたあとに
涙で15という文字も作っています。

 

東京喰種にはタロットナンバーが
ところどころに隠されていまして

今回の15の象徴は
「悪魔」です。

 

見るからに良くない数字ですが(笑)

15のナンバーの意味は
「堕落、誘惑、暗転、悪循環」など。

 

まさにタタラたちに拉致されて
半グール計画の実験対象になってしまい
人生の方向性が暗転することを示していると思いませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

滝澤は生きていそうですよね。
亜門も東京喰種zakkiで
「他の巻で表紙を飾らせてあげたい」
とスイ先生が言っているところから
まだ生きていることが確定していますし。(笑)

 

2人は半グールになっている
可能性が大きいなと思います。

なぜなら東京喰種zakkiで…

続きを読む:東京喰種zakkiの内容について

 

 

【追伸】

滝澤政道について、東京喰種:reの20話で追加情報が出ました。

政道、“喰種”化確定です!

 

詳しくはコチラへ ⇒ 東京喰種:re20話の感想と考察

 

 

このページを読んだ方はこんなページも見ています

東京喰種の伏線まとめ

東京喰種:reで亜門と政道は出てくるのか?

東京喰種:reのタロットナンバーまとめ

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク