東京喰種トーキョーグール

6巻の感想(ネタバレありで)

今回は東京喰種6巻の感想です。

 

5巻では変態・月山さんが
カネキを食べたトーカの手によって撃沈しました。
5巻は何と言ってもニシキのストーリーが泣けます。

5巻についてはこちらに書いています。

5巻について

 

6巻ではマ●キチのジューゾーさんが登場です。
さらにはカネキが謎のグール集団に拉致されて…?
と盛りだくさんになっています。

 

私の感覚ではありますが
7巻くらいから徐々に作風が変わっていきますね。
そう考えると6巻はアングラな感じの東京喰種が
一旦節目を迎えるポイントと言ってもよいのではないでしょうか。

 

ネタバレがあるので注意してお読みください。

東京喰種6巻の感想

6巻ではジューゾーが出てきます。
最初の数ページで身体に縫い物をする
「ボディステッチ」を披露します…。

 

亜門さんもかなり引いていましたが
読者はもっと引きましたよ。笑
こういうキャラクターをヤンジャンに載せてオッケーなんですね。
というか、東京喰種をヤンジャンでやっていること自体が奇跡なんですが…笑

 

こういう描写が初期は特に多くて…
読んでいて大変ですよね。笑

 

そしてアオギリの樹が初登場です。
白昼堂々とあんていくに乗り込んできます。

 

意外にもアオギリメンバーの最初の人物として出てきたのが
ムッシュ・バンジョイこと万丈さんでした。笑

 

最弱、そして最タフといっても過言ではない
万丈さんがアオギリの最初のキャラだったんですね。笑

 

その後アヤトやジェーソンがあんていくに乗り込んできます。
アヤトが窓を割って登場するのがカッコいい。。。
そしてアオギリに連れて行かれた
金木たちはドレイのような扱いをされてしまいます。

 

まさに“喰種”の世界の弱肉強食の縮図を表したような世界が
アオギリの樹なのでしょうね。弱い“喰種”は喰われるか利用されるのみです。
同じ“喰種”の世界でも、20区のようにキチンと統制されているところもあれば
11区のようにアオギリが混沌と支配している世界もあって、、、面白いです。

 

“食料”の解体場とか
ヤンジャンでこれ載せていいの?!と思いましたが
バッチリ載っていました。。。苦笑

 

このへんは見ていてけっこうキツいですね。笑
でも面白いので見てしまいます。。。笑

 

さてそんなカネキたちも脱走しますが
脱走は無事(?)失敗してしまいます。

 

このへんはマンガだとある意味、お約束ですが
この時捕まった「ジェーソン」という男が
青年マンガ史上最高にイカれた野郎でした。苦笑

 

7巻ではジェーソンが
カネキをゴウモンするところから始まります。。。

がんばれ、カネキ。。。

 

7巻は
最高にイカれたマンガになります。

覚悟して読みましょう…

 

7巻についてはこちらです。

続きを読む

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク