東京喰種トーキョーグール

4巻の感想(ネタバレありで)

今回は東京喰種4巻の感想です。

 

3巻では真戸さんがヒナミの手によって
あの世行きとなりました。

※3巻については前のページで書いています。

3巻について

 

4巻ではついに変態王・月山さんが登場です…!笑
ネタバレもありますので注意してお読みくださいね。

東京喰種4巻の感想

3巻では人間サイドとグールサイドの葛藤や
それぞれの複雑な復讐劇が絡みあっていました。

 

4巻は何と言っても
変態・月山さんが登場します。笑

 

月山さんは普通の大学生風ですが
実際は美食家と言われる“喰種”です。
この“喰種”がどこにでも潜伏している感が
序盤の東京喰種にはプンプンしていて
ちょっとしたホラーというかミステリー風になっているのが
序盤のよいところかなと感じています。

 

グールの中にもグールを共喰いする者がいる
ということが月山の存在から明らかになります。

 

そしてイカれたグールレストランが登場します。
イトリにリゼのことを聴くためにカネキはレストランに潜入します。

 

今でこそマヒしてしまったからか
何とも思わなくなりましたが

最初に読んだときは「なんてイカれたマンガなんや…」
クラクラしたのを覚えています。笑

 

タロちゃんに向かって「あんよがじょーず あんよがじょーず」
とつぶやくマダムの姿が今でも脳裏から離れません。
初期の東京喰種は本当にアングラな感じですね…笑

 

タロちゃんも隠れた人気キャラクターですが
最後は月山さんのグリコポーズで撃沈しました。
ですが月山さんの変態性はまだまだこんなものじゃないです。

東京喰種4巻の伏線は?

東京喰種4巻の伏線は
四方さんが地下で何かしていたことでしょう。

地下には後々分かりますが
ある“喰種”集団の巣窟があります。

 

ですが勢力的に見ても
四方さんはそっちの集団には属していないはずです。

 

そうなると四方さんは地下で何をしていたのでしょうか…?
伏線まとめで詳しく考察していきたいと思います。
伏線まとめはこちら

 

4巻では月山さんが
ねっとりとカネキに近づいてきましたが
5巻ではついに月山さんの変態性が爆発します!

 

「カネキくんが!食べながら!
 カネキくんを!食べたい!」

というシーンは未だに名言です。笑

 

5巻については次のページで書いています。

続きを読む

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク