東京喰種トーキョーグール 2巻の感想(ネタバレありで)

今回は東京喰種2巻の感想です。
いよいよカネキがあんていくに入店して
“喰種”としての生活をしていきます。
このあたりの生々しい描写があるからこそ
思わず共感してしまうんですよね…

 

1巻ではカネキがグールになってしまいました。
1巻についてはこちらで読めます。

1巻について

 

2巻ではヒナミが登場します…!
ネタバレもありますので注意してくださいね。

東京喰種2巻のネタバレ

東京喰種1巻ではカネキが
グールになってしまいました。

そして見を隠すためにあんていく
というお店に入店します。

さらにマスク屋のウタさんに
マスクを作ってもらいます。

そして四方さんに
食料の確保現場に連れて行ってもらい
どういう人間を食べているのかを知りカネキは驚きます。

 

こうやってカネキが戸惑いながらも適応していっている姿を見ると
カネキのもともとの性格がいかに温厚か分かりますね。
本当は理不尽で泣きたいでしょうけれども、ある人を好きになったせいで
急にそれまでの平穏や友人を失ってしまう…考えただけでもゾッとしますが
東京喰種の世界は東京を舞台にしているからか、妙にリアルに見えてしまいます。

 

一方で人間側の亜門と真戸が行動を開始します。
彼らはCCGと言ってグールを捜査している捜査官です。

 

この頃の亜門はかなりエッジが効いていましたね。
“喰種”をクズと呼び捨てて、駆逐することを目的として生きています。
亜門は誰かの復讐というよりも、理想的な政治家のように「市民のため」
という純粋な気持ちで戦っているような気がします。

 

あんていくに食事にきている
笛口ヒナミと母・リョーコ。
真戸たちのターゲットにされ街中で襲われます。

 

ヒナミはその現場をいますが・・・
リョーコはヒナミを逃げさせて死んでしまいます。

 

ヒナミの母はとにかく温厚でした。
このヒナミ母の一件を見ると、
必ずしも“喰種”が悪いのではなく
人間も“喰種”と分かり合うべきなのでは?
と同情してしまいます。

 

ヒナミ母の件を聴き、復習を決意するトーカ。
ラビットとして真戸たちの周囲を襲います。
が、真戸に反撃をくらってケガを負うトーカ。

 

「ハトに手を出したということは
自分が全ての責任を持つということ」という芳村店長。

 

カネキはグールのしきたりではあるが
何もできないのはイヤだと言って
トーカとともに特訓を開始します。

 

カネキは元人間ではありますが
“喰種”の立場をすぐに理解して
一緒に戦うことを決めます。
本当に、心優しいですね。

 

この頃のカネキは
人間と共生する方法を模索しています。
こういう優しさを持つカネキも好きですね。

 

そしてカネキの元に
ウタさんが作った新しいマスクが届きます…!

 

というところまでが東京喰種の2巻あらすじです。

東京喰種2巻のネタバレの感想

2巻はついにCCGが出てきました。
グールとCCGによるバトルが繰り広げられそうな予感です。

 

カネキとトーカは
ヒナミのカタキを取る事ができるのでしょうか?

 

これから物語が加速してくるので
3巻以降にも期待しましょう…!

3巻については続きで書いています。

続きを読む

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク