今回は東京喰種:reの伏線についてです。
前編と後編になっています。

 

東京喰種(前作)は別記事でまとめています。
東京喰種の伏線

最新の伏線考察についてはコチラの記事です。
√Aなど“喰種”関連作品から分かる3つの謎

 

東京喰種:reも始まったばかりですが
前作東京喰種と同様に、たくさんの伏線が用意されていますね。
普通は伏線が全部回収できるのかと不安になりますが
東京喰種:reは展開が速いので大丈夫ではないでしょうか。

 

それでは東京喰種:reの伏線について
最後までお楽しみください。

東京喰種:reの伏線について

・東京喰種:reの物語の伏線
・東京喰種:reの登場人物の謎

について分けて解説します。^^

 

東京喰種:reにも相変わらず
たくさんの伏線が仕込まれていますね…

見返せば見返すほど新しい伏線と発見が出てきて
本当に退屈しませんね…!

東京喰種:reの物語の謎

▼クインクスとはなにか?

候補は
・体内に赫包が埋め込まれている
・クインケが埋め込まれている
などがありましたが

その後、体内にクインケを内蔵していると判明。
Rc値が上昇することからも
赫包が内蔵されていることも推測できます。

 

おそらくはクインクスはあくまでクインケを埋め込んでいる
という解釈をすることによって人道的批判を受けないためだと思います。

 

“喰種”は赫子、クインクスはクインケを内蔵している
という対比を作りたかったのだと思います。

 

戦闘力や身体能力の向上は“喰種”ほどではありません。

あくまで緊急対処という位置づけであり
基本はクインケを使用するというのがメインのようです。

 

▼芳村店長は生きているのか?

東京喰種の最終回で
衝撃の培養液漬けをされていた芳村店長。

 

そこには見る影も無い髪の毛も無造作になった
老人のような芳村店長いたので、
私も思わず目を背けたくなりました。

 

芳村店長は生きているでしょうが
赫包製造装置として利用されてしまっているでしょう。

 

エトと芳村店長の関係は悪いようです。
四方さんによってリゼがいなくなったあと、
次なる赫包製造装置としてエトたちが選んだのが
芳村店長だとすると、これは引いてしまいますね。

 

▼ピエロ集団は登場するのか?

ピエロ集団もどこかのタイミングで
再度出てくるでしょう。

 

ただ、もともとそんなに大々的に活動している集団ではなく
リゼがいなくなるように仕向けていたり
カネキを“喰種”レストランに潜入させてみたり
CCGやあんていくが戦闘するように仕向けていたり
そこまで大きな役割を持っているように感じられません。

 

ですが、一方で
ピエロ集団と芳村店長の関係も気になりますね。

東京喰種でのあるページから
おそらくピエロ・宗太と芳村店長はかなり旧知の仲だと思います。

ピエロ・宗太と芳村店長の関係についてはこちらにまとめました。

宗太と芳村店長の関係は?

 

東京喰種:reの登場人物の謎

琲世はカネキ?

なにかとCCG内部でもイジメられる琲世ですが
グールをかばうなとよく言われますが
やっぱりカネキなんでしょうか?

 

東京喰種からのファンとしては
最も気になる事の1つですね。

 

この件については
東京喰種:reの7話で明らかになりましたね。

琲世はカネキでした。
少しおどけてみせたりするところがありますが
本を読んだり、料理がうまかったり、白髪だったり…
必死に自分の居場所を見つけようとしているように感じました。

 

そして“喰種”被害者として
基本は人間扱いされるということに。

 

琲世はオロチ戦で複数の赫子を使用していますが
琲世の赫包数は不明なので考察してみました。

琲世の赫包はいくつあるのか?Rc値から考察

 

琲世がカネキである事は予想されていましたが
実際にカネキだった事が判明すると、それはそれで複雑な気持ちです。

1人の人間に複数の人格が同居する事は出来ないと思いますし
いずれアオギリやあんていくのメンバーと遭遇することによって
琲世の人格は薄くなってくるのでは?と思います。

結局、カネキにも琲世にも悲劇しか用意されていないのでしょうか?
良い落としどころが見つかるよう期待したいと思います…

 

 

▼オロチとは誰か?

候補は
・同じく口の悪い西尾錦
(名前がニシキヘビを連想、マスクがヘビなどの理由から)

でした。

 

ちなみに錦は東京喰種の1巻で
「俺のキックは本気出したら
四方やトーカにも負けないぜ」
という暴言吐いています。(笑)

 

“喰種”になったばかりのカネキに完敗していたので
このニシキの暴言は、私は全く相手にしていませんでした。

 

ですが、最終的には東京喰種の7話で
オロチはニシキ本人であるということが判明。

琲世にも「西尾先輩?」と記憶があることから
今後も物語に大きく関わってくることが予想されます。

 

キックの威力が格段に上がっていましたね。
ニシキさん、ごめんなさい。本気はスゴかったんですね。

 

なぜニシキがこんなに強くなったのでしょうか?
ニシキは東京喰種の最終巻で貴未と別れるような発言をしていましたから
何かの“喰種”集団に所属して戦いに目覚めたのかな?と思います。
共喰いもきっとしているんだろうなと思います。

 

オロチとしてどんなチームに所属しているのか?
については未だに謎です。

 

ヒナミはアオギリに入ったのか?

アヤトと一緒にいるヒナミは
アオギリに入ったのか?
東京喰種の最終話で
高槻泉の名刺を持っていることから
その後高槻泉と出会ってアオギリに入団したものと考えられます。

 

行動をともにしていた万丈たちも
アオギリに入ったのでは?と私は推測します。
なんだかんだ言って、万丈さんは11区で育ってきましたからね。

アオギリが喰い場を奪ったとは言え、仲間も残っているでしょうし
情が残っているのではないかな?と思います。

 

叶くんって誰?

「習さま…おいたわしや…」と嘆いていたグールのことです。
このへんは掘ちえが知っていそうです。

 

堀ちえはクインクスとも関わりを持ち始めたので
今後叶くんについても言及されていきそうですね。

 

ちなみにこれは予想ではすが
月山さんは生きていますよね。

 

堀ちえに佐々木琲世の私物を回収させたのは
バックに月山さんがいるからでしょう。

 

この事は小説版の東京喰種で月山さんと
堀ちえが接触しているシーンからも推測できます。

 

ってなると
作者の石田スイ先生は小説版の東京喰種[日々]を出した時から
堀ちえを東京喰種の本編にも出そうとして月山と関係を持たせたんですね…!

 

これからの堀ちえの活動にも注目です。

 

真戸暁が美人になり過ぎている件

性格が丸くなりました。
そして異常に美人に。
女になりましたか、アキラさん…

 

仮にCCG内部で付き合うとしたら
どういう人になるのでしょうか?

 

琲世が8話で
「有馬さんがお父さんで、アキラさんがお母さん…」
と言っていましたが、まさか有馬貴将とは…と思いますが。
と言っても
真戸暁は有馬貴将の部下となっていますし
十分にその可能性はあるのではないか?と思います。
アキラの宿敵であるエトのことも
有馬貴将は良く知っていると思いますから。。。

 

続きはこちらです。
東京喰種:reの伏線まとめの後半では
亜門と政道たちが生きているか?についても考察しています…

続き(後半)を読む

こちらも人気記事です:

有馬貴将の知られざる過去がついに判明!?

スクリーンショット 2016-01-28 14.21.40












有馬貴将の過去はこちら




1位:アニメ化で大人気!今、東京喰種[JACK]が面白い…!
2位:「:re」元ネタのカフェに行きました。
3位:ノロはロマじゃないか?という考察
4位:芳村店長とピエロ集団が繋がっているという予想と考察
5位:東京喰種のタロットナンバーまとめ

毎週の最新ネタバレ考察はコチラからどうぞ


スポンサーリンク